福島でサッカー関連の求人が多い理由

福島でサッカー関連の求人が多い理由


東北で今、サッカースタジアムでの求人が増えてます。

2013年に福島ユナイデットJリーグ参加及びJ3参加が承認されたからです。

Jリーグ参加の影響は大きく、ファンの数が一気に増えています。

このチームは2012年の天皇杯で2回戦でJ2のヴァンフォーレ甲府を、3回戦でJ1のアルビレックス新潟に勝利し、4回戦でジェフユナイデット千葉に敗れたものの、県代表としたクラブ唯一Jクラブ2チームを破ってのベスト16入りをしている実績があります。

ホームグラウンドはとうほう・みんなのスタジアム(旧・県営あづま陸上競技場)で、収容能力は21000で、天然芝グラウンド、大型映像装置もあります。2012年にはU-20日本女子代表の試合も行われています。

この大きなスタジアムでの仕事は選手の熱気とサポーターの熱気で仕事でありながら高いモチベーションを保てます。

また、あいづ陸上競技場やいわきグリーンフィルドでも不定期に試合を行っています。